シンクロタイズスケジュールカレンダー

| Blog Top | session | school |

MESSAGE TO SHAUMBRA
貴方に贈る言葉 6 サポート




⦿Support サポート⦿


Next. As part of Shaumbra and the Crimson Circle, support it energetically. 

Energetically, if nothing else.

What does that mean? 

次に、シャンブラとクリムゾン・サークル
の一員として、エネルギー的にサポートして下さい

他になければ、エネルギー的に

それはどういう意味でしょう?

It means to send your love,
 because this thing that’s called Crimson Circle is all of you. 

This thing called Shaumbra is all of you. 

つまり、貴方の愛を贈って下さい

クリムゾン・サークルと呼ぶもの
は貴方がたみんなだからです

シャンブラと呼ぶもの
は貴方がたみんなです

Send your love and support to all Shaumbra. 

Send your blessings to the Crimson Circle,
 but understand that all of you share this dream. 

All of you share this desire. 

貴方の愛とサポートをシャンブラに贈ってください
貴方の祝福をクリムゾン・サークルに贈って下さい

この夢を貴方がたみんなが共有
していることを理解して下さい

この望みを貴方がた
みんなが共有しています

You came back here together,
 maybe located all around the planet,
 but you came back here together at this time for something
 that is the most precious thing to you,
 that is the most precious thing to others.

ここに貴方がたは一緒に戻って来ました

多分この惑星のあちこちの場所に

でも貴方がたは、この時代に
一緒にここに戻って来ました

貴方にとって
最も大切なもののために

外の人々にとって
最も大切なもののために

Support the Crimson Circle and Shaumbra,
 not through criticism, not through harsh words. 

Support them through love and admiration,
 because the journey of Shaumbra and Crimson Circle is your journey also.

To be critical, to not look at the good,
 only to look at what you consider to be the bad,
 to criticize others, to be cruel to others
 is truly only being cruel to yourself.

クリムゾン・サークルとシャンブラ
をサポートしてください

批判を通してではなく
辛辣な言葉を通してでなく

愛と称賛を通して彼らをサポートして下さい

シャンブラとクリムゾン・サークル
の旅は、貴方の旅でもあるからです

批判的であることは
良い面を観ないことは
悪いと貴方が考える面だけ見ることは
他の人を批判することは
他の人に無慈悲なことは
実は貴方自身に無慈悲で
あるだけのことです

This group has been through so much together,
 and individually you will realize your sovereignty.

Individually. 

このグループは一緒に
沢山のものを経験してきました

そして個人的に、貴方は自分
自身の独立自尊を体現します

個人的にです

It’s not about all the group doing it at one time,
 but yet there is also that entity called Shaumbra,
 that consciousness of each and every one of you. 

グループ全員が一度に
そうなるのではないです

それでもシャンブラと呼ぶ存在がいて
貴方がた一人一人みんなの意識が存在します

There has been the sharing over lifetimes and lifetimes. 

There has been the times at the Mystery Schools. 

There’s been times with me as St. Germain.

We share so much with each other. 

生涯につぐ生涯の分かち合いがありました

ミステリースクールの時代がありました

私セント・ジャ−メインと
共に過ごした時代がありました

私たちは互いに、とても多くを分かち合います

We have gone through so much with each other,
 and now we come to this moment right now;
 this moment on the planet
 where things are changing so rapidly;
 this moment of the new Crimson Circle
 with such a focus, with such a clarity and such a graceful form of allowing.

私たちは互いに、とても多く
のものを経験してきました

そして今や私たちは
たった今この瞬間にきています

物事が飛躍的に変化している
この惑星のこの瞬間に

これほど、焦点が合い
これほど、明晰で
これほど、ゆるすこと
の優美な姿の新しい
クリムゾン・サークルの
この瞬間に

So, yes, after all these words,
 after all of the anticipation, yes,
 I, the Beloved St. Germain, will continue
 with each and every one of you, closer than ever,
 but each and every one of you who is choosing
 their embodied enlightenment in this lifetime. 

だから、ええ、
これら全ての言葉の後で
その全ての先見の明の後で
私、最愛のセント・ジャ−メインは
貴方がた一人一人みんなと続けます

今までより近寄って続けます

この生涯でエンライトメントを体現する
ことを選択している貴方がた一人一人みんなに

I’ll be joined by others, some
 whose names will come up from time to time and
 some who simply remain anonymous
 in the background working with each and every one of you.

ときどき名前が現れる存在と
無名のまま貴方がた一人一人
みんなと裏方でワークする存在
と共に私はワークします

Let’s take a deep breath together
 as we transition into yet another quantum shift
 of this planet, of Crimson Circle and Shaumbra. 

私たちが、この惑星の
クリムゾン・サークルとシャンブラの
もう一つの量子的転換をするとき
一緒に深く呼吸しましょう

I look forward to our times ahead.

I’ll be returning as my facet called Adamus most of the time. 

I’ll be returning with my incredible sense of humor,
 my magnificent charm, my amazing good looks, my brilliant intelligence. 

I’ll be returning as Adamus, because, well, actually you created him. 

私たちの時代の前途を楽しみにしています

私は殆どの時アダマスと呼ぶ一面として戻って来ます

すごいユーモア感覚とともに
壮大な魅力とともに
驚くべき美貌とともに
目覚ましい知性とともに
私は戻って来ます

アダマスとして戻って来ます
実は貴方がたがアダマスを創造したからです

You said, 
“We want something a little different.
 We want something a little bit more energized.
 We want something that will entertain us,
 inspire us and motivate us, and the whole time laughing into enlightenment.”

貴方はこう言いました

「少し違うものがほしい
 もう少し活性化されたものが欲しい
 私たちを楽しませて、ひらめきを与え
 やる気にさせて、その間ずっと笑っていて
 エンライトメントに入るものが欲しい」

With that, my dear Shaumbra all across the world,
 my dear friends in the Crimson Council, those
 who have left the physical body in their enlightenment recently,
 with that, I Am the Beloved St. Germain.

Thank you.

では世界中の親愛なるシャンブラ
クリムゾン・カウンシルの親愛なる友人たち
最近エンライトメントで肉体を離れた者たち
実在する最愛のセント・ジャ−メインです

ありがとう



和訳 こぶくろアナディ

映像
http://www.crimsoncircle.com/adamus-message

林眞弓さん翻訳PDF
http://crimsoncircle.com/documents/Feb14_MsgtoShaumbra-A4.pdf
 

| 1/1PAGES |

MESSAGE TO SHAUMBRA
貴方に贈る言葉 5 前に進むこと



⦿Going Forward 前に進むこと⦿


Going forward, my dear friends,
 we’re going to be bringing in others
 into the Crimson Council. 

The Crimson Council is an angelic group
 made up of angelic families from all over creation. 

親愛なる友よ、前進して私たちは
『クリムゾン・カウンシル』
に他の者を連れて来るでしょう

『クリムゾン・カウンシル』は
創造の全てからの天使の家族たち
で創られた天使のグループです

We’re going to be bringing others into this Crimson Council
 to provide an even more dynamic energy balance
 because of where you’re at,
 because in these moments right before enlightenment
 are truly challenging in so many ways. 

It can really throw a person off. 

もっと原動力になるエネルギー
のバランスを用意するために
この『クリムゾン・カウンシル』
に他の者を連れて来るでしょう

いま貴方がいるところのために

エンライトメント直前の数か月は
多くの形で実に挑戦的だからです

それは実際に人を狂わせることがあり得ます

So the Crimson Council is also going to be
 made up of those enlightened beings
 who called themselves Shaumbra,
 who came over to our side,
 because they have such an empathy and
 it was not but a few moments ago
 when they were on Earth in the physical form. 

So they’re going to be joining the Crimson Council on the other side.

だから『クリムゾン・カウンシル』は
それらエンライトした実存たちでも構成されます

自分自身をシャンブラと呼び
私たちの側に渡って来た実存たち

彼らには、それほどの共感があり
物質の形態で地球にいたのが
ほんの少し前にすぎないからです

だから彼らは別の領域で『クリムゾン・カウンシル』に加わるでしょう

We’re going to be stepping in closer to you,
 particularly to this core group of 6,500 and
 even to the additional 30,000
 who are so close to their enlightenment. 

We’re going to be stepping in closer than ever before. 

Closer so that you’ll feel our presence. 

You’ll know that you’re not alone. 

私たちは一歩一歩あなたに近づいていくでしょう

特にこの六千五百人の核になるグループに
それに加えて三万人の自分自身のエンライトメント
にとても近いシャンブラに

一歩一歩私たちは今まで以上に近づいていくでしょう

私たちの臨在を貴方が感じるくらい近くに

独りぼっちではない
のが貴方には分るでしょう

Closer also, in a way, at your call, at your request
 to keep you from getting distracted,
 to remind you, sometimes in an irritating or provocative way,
 to remind you of the commitment
 you’ve made to yourself for embodied enlightenment.

At times you’ll feel like you want to push us off,
 like you’ll want to keep us away,
 but trust me, as my Adamus aspect,
 I’ll be right there with you,
 looking you straight in the eye and saying, 
“Are you ready now?”
 because you’ve asked us for this,
 and that’s why we’re here.

ある意味で、貴方の呼びかけ
貴方の求めで、近寄ることもあります

貴方の気がそれないように保つため

時にはイライラするやり方
挑発的やり方で、貴方に
想い出させるために

エンライトメントの体現
のために自分自身にした選択
を貴方に想い出させるため

時には私たちを押しのけたいと感じるでしょう

私たちを遠ざけておきたいと感じるでしょう

でも私を信頼してください

私のアダマスの側面として
貴方と共にまさにそこにいて
真っ直ぐ目を観て言っているでしょう

「用意はいいですか?」

なぜなら貴方が私たちに
こうしてくれと求めたからです

だから私たちがここにいるのです

As a group of Shaumbra so close or even somewhat into enlightenment,
 I’m going to ask that each and every one of you
 honor each and every one else. 

I know you feel it in your heart, but sometimes
 that honor doesn’t come through
 in some of the work that you do with each other. 

貴方がた一人一人みんなに、お願いします

シャンブラのグループとして
エンライトメントにやや近いことさえ
一人一人を、みんな互いに尊敬してください

それを自分自身のハートで感じるのは分かります

でも時に、貴方が互いにするワークの中で
その尊敬が、はっきり伝わりません

Some of your interfaces, communications that
 you have in your social media, some of the ways that
 you hold this whole thing called Shaumbra and the Crimson Circle
 in terms of understanding that
 it’s all here in service to you. 

Not working against you,
 not trying to make you do anything you don’t want,
 not trying to be over you in any way.

Other Shaumbra and the Crimson Circle is here in absolute service to you. 

貴方がたのソーシャル・メディアでの
橋渡し、コミュニケーションがあります

シャンブラとクリムゾン・サークル
と呼ぶもの全体を理解という観点
から持続する方法があります

それは全て貴方の役に立ちます

貴方に逆らって機能してはいません

貴方が望まないことを
させようとはしてません

どんな意味でも貴方を
見下そうとしてません

他のシャンブラとクリムゾン・サークル
は本当に貴方の役に立つためにあります

I’m going to ask you to have
 compassion, honor and respect for that. 

And what you’ll get in return from them, from other Shaumbra,
 from the Crimson Circle is compassion, honor and respect.

そのことに慈悲と敬意と尊重
をもつように、お願いします

そして彼ら他のシャンブラから
クリムゾン・サークルから
貴方が受け取るのは慈悲
と敬意と尊重です

These are some of the most difficult times on the planet Earth
 from the standpoint of changes
 that are occurring so fast; so fast that
 it’s hard for the body and the mind to keep up with them. 

And you’re doing embodied enlightenment
 right in this most difficult, challenging and fast-changing time. 

変化という観点からは
いまは惑星地球で最も難しい時代です

変化が非常に速く生じているので
肉体とマインドを保つのが難しいです

そして貴方はエンライトメントを体現しつつあります

まさにこの最も難しく、挑戦的で急速な変化の時代に

It’s also the time of the greatest energies ever seen on the planet,
 the greatest potentials and opportunities.

この惑星でこれまで観た中でも
最高のエネルギー、最高の可能性
とチャンスの時代でもあります

One might say it’s easier to do embodied enlightenment
 at a time when things aren’t moving or changing so fast on the planet,
 when things are a little bit quieter. 

But I do remind you then
 there is not nearly as much energy potential available
 to those who seek their realization,
 to those who actually allow their realization.

エンライトメントを体現するのは
この惑星での物事が余り速く動いて変化
してないとき、もう少し物事が穏やかなとき
の方が簡単だ、と言う人がいるかも知れません

でも私は貴方に想い出させます

自分自身を体現しようとする者にとって
実際に自分自身の体現をゆるす者にとって

それでは、活用できるエネルギー
の可能性が余り充分でないのです

I ask you to understand that
 the Crimson Council and the Crimson Circle are here in service to you. 

The very reason that they’re here is to serve you. 

I ask you to look at that and feel into it,
 how the entities on my side of the veil and
 how the humans on your side of the veil
 are dedicating and committing themselves
 to your embodied enlightenment.

理解するよう貴方に、お願いします

『クリムゾン・カウンシル』と
『クリムゾン・サークル』は
貴方の役に立つためにあります

それらがある理由そのもの
が貴方の役に立つことです

それを観て感じるよう、お願いします

貴方のエンライトメント体現に、
ベールの私たちの側の存在たちと
ベールの貴方の側の人間たちが
どんなに自分自身を献身
して専念しているか

Some of you may think of the Crimson Circle
 as a company, as a business, and indeed, in many ways it is. 

But the true reason why they’re here is in service to you. 

貴方がたのなかには
クリムゾン・サークルを
会社としてビジネスとして
考える人がいるかも知れません

そして確かに、そんな多くの形をとっています

でも彼らが存在する本当の理由
は、貴方の役に立つことです

And each and every one of them as well
 is allowing their embodied enlightenment. 

So if you can imagine for a moment the service that
 they are giving by doing this work, by providing things like the Internet,
 the monthly Shouds, the workshops, the classes, the materials, the support,
 all while they are going through their embodied enlightenment. 

That is true service.

そして彼ら一人一人みんなが同じ様に
自分自身のエンライトメントの体現を
ゆるしつつあります

だから少しのあいだイメージできるなら

このワークをすることによって
インターネット、毎月のシャウド
ワークショップ、クラス、題材、サポート
のようなものを用意することによって彼らは
貴方に贈りものを贈っているのです

彼ら自身のエンライトメントを体現しつつ

それは真実の貢献です

At times it takes its toll on each and every one of them. 

At times they’re not sure
 whether to turn their face towards their own enlightenment
 or to turn their face towards you in service. 

They’re doing both.

They’re doing a phenomenal job at balancing the two. 

But at times we see how difficult it is on each and every one of them.

時には彼ら一人一人みんなに負担をかけます

自分自身のエンライトメントに向いてるのか
貴方の役に立つことに向いてるのか
彼らが確かでない時もあります

彼らは両方やっているのです

その両方のバランスをとるという
驚異的な働きを彼らはしています

でも時にそれは彼ら一人一人みんなにとって
どんなに難しいかを、私たちは観ます

I ask that if you’re going to be part of this,
 first and foremost, you come to a very conscious understanding
 of your own desire for realization. 

Sometimes you fluctuate with it. 

Sometimes it’s not particularly balanced. 

Sometimes it turns into an energy game, rather than true realization. 

もし貴方がこの一部になるのなら
何よりもまず、貴方自身の体現の望み
をとても意識的に理解するよう
お願いします

時に貴方は、それについて揺れ動きます

時にそれは、あまりバランスがとれてません

時にそれは、真の体現というより
エネルギーのゲームになります

So first and foremost take a look at yourself. 

Feel into yourself. 

だから何よりもまず
自分自身を観て下さい

自分自身を感じて下さい

Why did you choose it at some point? 

Why did you take the path that
 you have in this lifetime of yours that got you to here? 

When are you going to truly allow your enlightenment?

なぜ貴方は、ある時点で
それを選択したのですか?

なぜ貴方は、この生涯で
ここに至る、この道を
選択したのですか?

いつ貴方は、自分自身
のエンライトメントを
本当にゆるすのですか?

There are no specifics. 

You don’t have to have a date. 

It doesn’t matter if you do it now or later,
 but what does it actually mean to you? 

特にマニュアルはありません
日付を決める必要ありません

今やるか後になってやるかは
どちらでもいいことです

でも貴方にとって、それは実際
どういう意味なのでしょうか?

What is that dream that you had? 

Why are you here?

Sort through all of these things. 

貴方がもっていた夢はなんですか?

なぜ貴方はここにいるのですか?

これらのこと全てを整理して下さい

Whether it’s your job or your health or anything else,
 move beyond that for a moment. 

Move beyond all the little things
 that seem to interfere and distract,
 all the things that hold you down. 

自分の仕事とか健康とか他の何であれ
少しの間それを超えて進んでください

貴方の邪魔をして気を
そらし足を引っ張る
その小さな物事の全て
を超えて進んで下さい

Come back to your dream, your desire for enlightenment. 

That will make a shift within this large mass of Shaumbra,
 the sixty-five hundred, the 30,000, just coming to
 your own awareness of why you chose to be here in this lifetime.

エンライトメントの
貴方の夢、望み
に戻って下さい

この生涯ここにいる
ことを、なぜ選択したか

自分自身の気づき
に、もどること

それが、この大勢のシャンブラの内側で
六千五百人の、三万人の内側で
転換を生じさせます

 

| /PAGES |

MESSAGE TO SHAUMBRA
貴方に贈る言葉 4 核心



⦿The Core 核心⦿


So, with all of that said, I also want to say that
 over these next years many, many more will be attracted
 to the Crimson Circle, to the work that all of you have created. 

You have created foundation core material.

Everything from the time of Tobias
 to this moment right now
 has been truly building a basis of content, of core material. It’s the history of Shaumbra. 
It’s your journey. 

It’s the steppingstones that you placed in a path
 that really was never there before, and
 in these coming years many, many more will come this way. 

そして、話された全てのこと
と共に、このことも言いたいです

貴方がたは核になる題材の基礎を創造してきました

トバイアスのときから今の瞬間までの全てが
中身の基礎、核になる題材を築いてきました

それはシャンブラの歴史です
それは貴方の旅です

それは貴方が道に置いた踏み石です
それは以前には実際なかったものです

今後の数年間に多くの、もっと
多くの人々がこの道に来るでしょう

Some will come all the way along this path. 

Others will stop along the way,
 because it’s too challenging or there are too many distractions. 

But what you’ve done up until now is
 create that foundation, the core material.

この道に沿って行き着く
ところまで来る人がいるでしょう

他の人々は道の途中で止まるでしょう

余りに挑戦的だからです

余りに多くの、気を
そらすものがあるからです

でも今までに貴方が為したのは
基礎を創造し、核心の題材
を創造することでした

Speaking of the core material,
 when we gather once a month,
 we, together, create material, information,
 what you can view on the Internet or listen to or read. 

Once a month we create that together, and
 that is the foundation of what we do.

核心の題材のことを話すと
月に一度集まるとき私たちは
一緒に題材を情報を創造します

それをインターネットで観て
聴いて読むことができます

私たちは月に一度それを一緒に創造します
それが私たちがすることの基礎です

There are workshops and classes for those
 who really want to just get together in physical form with kindred spirit. 

There are classes that we offer,
 that you have helped to create, to a degree, on your Cloud Class. 

It’s a way of reconnecting. 
It’s a way of getting back into the essence
 of what we’re doing. 

You’re learning, you’re growing, but
 you’re also contributing to
 and making this material available.

心の友と物理的に実際に集まりたい人のために
ワークショップとクラスがあります

私たちが提供するクラスで
貴方がある程度その創造を助けた
ものがあります『雲のクラス』です

それは再び繋がるやり方です

それは私たちがしていること
のエッセンスに戻るやり方です

貴方は学んでいます、育っています

でも貴方は、この題材を活用
できるように貢献もしています

But the point is that there’s no requirement
 that says you have to do these things. 

There’s nothing that says that
 you’re missing out if you don’t,
 because everything, all of the energies are here
 already in these monthly gatherings that we have,
 that are offered free online.

Going forward, there’s going to be even a more intense focus. 

でも要点は貴方は、これらのことを
しなければならない、と言う
必要条件がないということです

それをしなければ貴方は見逃している
と言うことはありません

全てのものが、全てのエネルギーが
既にそれら毎月の私たちの集まりの中で
インターネットで無料で提供されてるからです

今後は、もっと真剣に焦点を合わせていくでしょう

There are going to be some, quite a few actually, that leave,
 but they’ll be replaced by others
 who suddenly are connected to Shaumbra and to the Crimson Circle. 

Some will leave because it is so intense and in a way it is so demanding,
 and each month when I, as Adamus, get up here,
 I’m going to be looking you right in the eyes, saying, 
“Are you ready? Are you being true to yourself?
  Are you going beyond your makyo?”
 I’m going to be saying to you, 
“You’re right at the threshold of enlightenment.
 What is holding you back?”
 and to some that is going to be so uncomfortable. 

何人か、実際はごく少数の人が去るでしょう
でもシャンブラとクリムゾン・サークル
に急に繋がる他の人が入れ替わるでしょう

とても真剣で、ある意味とても
厳しいので去る人がいるでしょう

そして毎月私が、アダマスとして、ここに立つとき
貴方の目を観て、こう言っているでしょう

「用意はいいですか?
 自分自身に正直ですか?
 自分の魔境を超えて進んでいますか?」

私は貴方にこう言っているでしょう

「貴方はエンライトメントのまさに入口にいます
 貴方を引き留めているものは何ですか?」

それが非常に不愉快な人がいるでしょう

To some it’s going to be so intense that
 they’ll find excuses, make excuses for leaving. 

And then most of them will be back at some point or another,
 because they’ll realize that
 they’ve been such an integral part
 in helping to create all of this.

とても真剣なので
言い訳を見つけて
去ることの言い訳を
する人がいるでしょう

それから彼らの殆どは
どこかの時点で戻るでしょう

この全ての創造を助けた自分は
そんなにも不可欠な部分だった
と気づくだろうからです

 

| /PAGES |

MESSAGE TO SHAUMBRA
貴方に贈る言葉 3 シャンブラの統計



⦿Shaumbra Statistics シャンブラの統計⦿


Let’s look at some of the statistics, some of the numbers that
 we’re dealing with right now.

In the past year approximately 130,000 people were touched in
 some way or the other by this energy of the Crimson Circle,
 whether it was through the Shouds, the books, the workshops or classes. 

And when I say touched, it means not just the ones
 who heard it or read about it or watched it,
 because there are many who will come to this space;
 they’ll take a look, they’ll feel into the energy and they’ll move on. 

現在私たちが扱っている幾つかの統計、幾つかの数を観ましょう

過去に約13万人の人々が何らかのかたちで
クリムゾン・サークルのエネルギーに触れました

シャウドを通して、本、ワークショップ、クラスを通して

触れたと言うとき、それはただ
聞いた人、読んだ人、見た人という意味ではないです

この空間に来るだろう人は多いからです

彼らは見て、エネルギーを感じて、進み続けるでしょう

When I say touched, it’s those people
 who felt something; who were touched by
 some of the words, some of the energies in here;
 where it made a difference on their consciousness. 

That doesn’t necessarily mean that
 they’ve felt into themselves as Shaumbra;
 it simply means they were touched by it.

触れたと言うとき、それは
なにかを感じた人々のことです

ここの幾つかの言葉
あるエネルギーに触れた人々

それは彼らの意識に変化を生み出します

それは必ずしも、彼らが自分自身を
シャンブラとして感じたという意味ではないです

それに彼らが触れたというだけの意味です

There is a core group of Shaumbra,
 which I’ll get to in a moment,
 who really help to bring these energies together
 on a daily, weekly, monthly basis,
 who come on a regular basis to our monthly gatherings,
 whether at the exact moment or later on. 

This core group of approximately
 30,000 humans across the world
 is here on a regular basis,
 who really feel into and understand
 and are a part of Shaumbra. 

私が瞬時につながる
核になるシャンブラのグループがいます

日常的に毎週毎月エネルギ−を一緒に
もたらすことを本当に助けるシャンブラがいます

その正確な瞬間または後になって定期的に
毎月の集まりに来続けるシャンブラがいます

世界中にいる約3万人のこの核
になるグループは定期的にここにいます

本当に感じて理解して
シャンブラの一部であるグループです

Now, indeed, there are many, many more
 who glean something,
 who gain something from the information, but
 this core group of truly dedicated humans is about 30,000.

現在、実に多くの、もっと多くの人々が
なにかを探り出して、その情報からなにかを得ます

でも本当に人間たちに尽くしている
この核になるグループは約3万人います

Back in my messages last year I said, as Adamus, that
 I’m looking for just five. 

Five humans to realize their enlightenment in this lifetime. 

It didn’t take hundreds or thousands, just a small number.

アダマスとして昨年言った話に戻りますが
私が探し求めているのは、たった五人です

この生涯でエンライトメントを体現する五人です

何百人とか何千人ではなく、ほんの少数です

As Adamus I joked with you about
 whether to stay or whether to leave. 

I said we’d take a look at it right now, as we’re doing. 

Where are we? 

What’s the measurement of energy and consciousness? 

And what do we do going forward?

とどまるか去るか
どちらかだという
冗談をアダマスとして
貴方がたに言いました

私たちがやっているとき
たった今それを観てみようと言いました

私たちは、どこにいますか?

エネルギーと意識の計りはどうなってますか?

そして前進して、どうしますか?

Since that time there have been 102, of the 30,000
 who call themselves Shaumbra,
 who have crossed over to the other side
 in a form or state of enlightenment. 

When they realized, when they allowed their I Am,
 their freedom, they simply left. 

They came back over. 

その時から3万人のうちの102人のシャンブラが
エンライトして別の領域に渡りました

彼らが体現したとき
彼らの実在を自由をゆるしたとき
彼らは、ただ肉体を離れました

彼らは渡って戻って来ました

For most of them, it occurred simultaneously,
 you could say; in the realization they simply left. 

For some of them, they stayed for a matter of days or weeks
 and then chose to come over. 

Some of them felt they were in better service to Shaumbra on the other side. 

Some simply felt, at that moment of realization, that
 they had done everything they could on Earth. 

彼らの殆どにとって
それは同時に起こりました

体現して、ただ肉体を離れた、と言えます

彼らの何人かは、数日か数週間とどまって
それから天界に、やって来ました

彼らの何人かは他の領域からの方が
シャンブラの役に立てると感じました

体現の瞬間
地球でできる全てを
やり尽くしたと感じた者もいました

There was no reason to stay.

They understood that
 there would be a usefulness in them staying on the planet
 as enlightened beings, but they’re not required to. 

They’re not being pressured to, and
 they simply felt it would be easier to go on the other side.

とどまる理由はありませんでした

彼らがエンライトした実在として
地球にとどまることがシャンブラ
の役に立つのは理解してましたが
その必要はありませんでした

とどまるように働き掛けられる
ことはありませんでした

それで彼らは他の領域に往く
方が簡単だと単に感じました

There are a few more who are going to be
 leaving in the matter of the next few weeks. 

We can feel the energies. 
We can feel the withdrawal
 from their physical body and from this reality. 

あと数人が次の数週間で肉体を離れるでしょう

そのエネルギーが感じられます

彼らの肉体とこの現実からの離脱が感じられます

They are welcomed here on the other side
 with open arms, with a loving heart and with celebration. 

There’s absolutely no dishonor. 
We are so welcoming of them when they cross over.

彼らは、こちらの領域で
愛に満ちて心から歓迎されお祝いされます

恥は全くないです
彼らが渡って来るとき
私たちは非常に歓迎しています

They aren’t met first by their families or their friends
 from that past lifetime. 

They are met by Ascended Masters
 who honor them, who truly have compassion, and the
 crossing over for them, indeed, is so graceful and so easy. 

And shortly after meeting with Ascended Masters, of course,
 their pets come in to meet them, and sometimes
 much later on perhaps family members.

彼らが初めに逢うのは過去の生涯
の家族とか友達ではありません

彼らを称賛して真の慈悲をもつ
悟ったマスターたちに逢います

そして彼らにとって渡ることは実に
とても優美で簡単です

そして悟ったマスターたちに逢った後すぐに
彼らのペットが逢いに来て、時にはずっと後になって
たぶん家族の者たちが逢いに来ます

In the time since our last discussion, there are two humans, two
 who have called themselves Shaumbra,
 that are enlightened, that are realized,
 that have finally allowed it and
 acknowledged it within themselves
 in a very real and clear way. 

この前に話してから二人の人間が
自分自身をシャンブラと呼ぶ人間が
エンライトして体現しました

ついに
それをゆるして
彼ら自身の内側で
とてもリアルで
明晰なかたちで
それを認識しました

There’s no doubt about it. 

It’s not because we’re acknowledging that or
 we’re measuring that within them;
 it’s simply because they are allowing and claiming it. 

それについては何の疑いもありません

それを私たちが認識したからではないです

彼らの内側でそれを計っているからではないです

単に彼らが、それを
ゆるして認めているからです

There will be another one shortly after this message comes forth. 

So there will be three enlightened Masters
 –
 Shaumbra enlightened Masters
 – on the planet.

このメッセージのすぐ後で
もう一人現われるでしょう

だから三人のエンライトした
マスターたちが現われるでしょう

シャンブラのエンライトしたマスタ−たちです

この地球上に

It’s not disappointing whatsoever that
 there’s not five or 50 or 1,000, and it doesn’t matter, by the way,
 where these three live or how old they are or who they are. 

At the appropriate time, they’ll come forth. 

But in true humbleness and true modesty,
 they’re not going to be beating their chest. 

They’re not going to be putting it out on social media or anything like that. 

They’re just going to show up, and
 there’s going to be such a knowingness that
 they won’t even have to speak a word.

五人とか五十人とか千人でない
のは失望することではありません

ところで、彼ら三人がどこに
住んでいるか何才か誰かということは
どうでもいいことです

適切なときに彼らは出て来ます

でも真の謙虚と慎み深さのなかにいるので
彼らは自分の胸を叩いたりしないでしょう

それを彼らはソーシャル・メディア
やそんなもので公表しないでしょう

彼らは姿を見せるだけで
一言も話す必要さえない
という叡智があるでしょう

So the fact is that there are not five. 

It’s not disappointing, and it’s certainly not enough to say that we
 –
myself, my esteemed fellow Ascended Masters
 –
 are not going to stay,
 because there is what we’d call a mass,
 what we would call the large energetic portion of Shaumbra
 who are, I would say, in their 11th hour and 59th minute. 

だから事実は五人ではありません
それは失望することではないです

それは確かに、こう言うのに十分ではないです

私たち

私自身、私の尊敬すべき仲間の悟ったマスターたち

は、とどまります

なぜならシャンブラと呼ぶ大きなエネルギー
彼らの時計で11時59分にいる集団がいるからです

They are so close to their realization.

This group numbers approximately 6,500. 

That is not an exact number, but it’s close enough. 

About 6,500 of those who call themselves Shaumbra are
 in the eve of their enlightenment, almost there. 

Just a few more breaths,
 just a few more allowings,
 just a few more releasings
 and they’re there.

彼らは自分自身の体現の寸前にいます

この集団には、おおよそ六千五百人います

正確な数ではないですが近い数です

約六千五百人のシャンブラと呼ぶ人たちが
自分自身のエンライトメントの直前にいます

もう少しの呼吸だけで
もう少しゆるすだけで
もう少し手放すだけで
エンライトします

Of those, and of reading all the energies,
 of working with all the other Ascended Masters to take a look
 at how many would stay on Earth as embodied Masters,
 we roughly calculate at least 5,000, upwards to 5,500. 

That would mean approximately 1,000 to 1,500
 would choose to come over to our side, to the other realms,
 to leave the physical body. 

肉体をもつエンライトしたマスター
が地球に何人とどまるか観るために、
全てのエネルギーをリーディングして
他の全ての悟ったマスターたちとワークすると
最低五千人最高五千五百人になります

つまり大体千人から千五百人は
肉体を離れて私たちの領域に渡る
選択をするということです

And, again, there’s no shame. 
There’s no dishonor whatsoever. 
There is no judgment whatsoever. 

There is as much honor as
 leaving the physical realms in enlightenment and
 coming to our side as there is in staying.

そして、再び言いますが、それは恥じることではないです

なんであれ恥じることは無いです
なんであれ判断することは無いです

エンライトして
物質の領域を離れて
私たちの領域に来ることは
エンライトして地球にとどまる
ことと同じくらい大きな名誉です

But that leaves a significant number of humans
 –
 5,000, fifty-five hundred
 –
 who are at that edge, right on the cusp of
 allowing their enlightenment, and
 that is what gives us joy and motivation and desire
 to continue working with you. 

There are so many
 who simply need a breath
 from their I Am
 to bring them into embodied enlightenment. 

でも大きな影響を与える数の人間たちが残っています

五千、五千五百人が

瀬戸際にいて自分自身の
エンライトメントをゆるす
まさに入口にいます

それは、貴方がたとワークを続ける
歓びと動機と意欲を私たちに与えます

自分自身の実在から呼吸する必要が
あるだけの人が、それほど沢山います

肉体にいながらエンライトするために

It may take months, it may take years, it really doesn’t matter. 

But the fact is that they, that you have come this far,
 have endured that many challenges, that many obstacles
 along the way, and here you are
 on the eve of your enlightenment.

それは何か月も何年も
かかるかも知れませんが
どうでもいいことです

事実として彼らは貴方は
ここに至るまでに
その多くの挑戦を
その多くの障害を
乗り越えてきました

そして今や貴方は自分自身の
エンライトメントの直前にいます

You know who you are. 

It’s nothing that you have to pin on your chest. 

It’s nothing that you have to herald in your social media. 

You know who you are and
 we know who each and every one of you are. 

It’s impressive. 
The numbers, the potential, the proximity to enlightenment. 
It is truly, truly impressive.

じぶんが誰か わかります

貴方の胸に名札をつけなければ
ならないのではありません

ソーシャル・メディアで告げなければ
ならないのではありません

じぶんが誰か わかります

そして貴方がた一人一人が
何者なのか わかります

それは驚異的です

その人数、その可能性、そのエンライトメントに近いこと

それは実に本当に驚異的です

We’re here working with you, as I said so long ago, every step of the way. 

We can’t do it for you, nor do we want to. 

But we’re here to assure you, to help you
 through some of those challenging storms
 that occur right on the threshold of enlightenment.

ずいぶん前に言ったように
道のすべての歩みで私たちは
貴方と共にワークしています

それを貴方の代わりにすることは
できないし、やりたくないです

でもエンライトメントのまさに
入り口で生じる挑戦的な嵐の間中
私たちは貴方を安心させ助けます

Then there are a large number of those
 who call themselves Shaumbra, another 30,000 or so,
 who are committed to their enlightenment, but they waver. 

They wonder. 
They often get highly distracted. 
They get caught in their own makyo. 

They get caught in things that keep them, what you would call,
 earthbound or lack of consciousness in so many ways. 

それから残りの3万人くらいのシャンブラが
自分自身のエンライトメントに専念
していますが揺れ動いています

彼らは疑問に思います

しばしば非常に気がそれます

自分で造った魔境で立ち往生します

現実と呼ぶものか意識の欠如で
とても多くのやり方で自分を
引き留める物事で立ち往生します

They’re not necessarily excuses,
 they’re perhaps valid reasons, but
 they don’t want to do that final level of allowing,
 because perhaps of family members,
 concern what would happen to their family
 if they allowed and if they indeed did transition over to the other side.

言い訳は必要ないですが
彼らには多分もっともな理由があります

でも彼らは、その最後のレベルの
ゆるすこと、をしたくないのです

たぶん家族のために
家族に何が起こるだろうと考えて

自分がゆるして
もし本当に他の領域に渡ったら

There are those who are simply not ready to take that final step of allowing,
 because there are things they want to finish and fulfill as humans,
 in their human condition. 

And there are those who simply are
 waiting for a few more to go ahead of them,
 to assure them that enlightenment is all that they thought it was.

There is a very large number of these Shaumbra, and, again,
 you know who you are and there is no judgment whatsoever. 

その最後の、ゆるす歩みをする
用意がないだけ、の人たちがいます

人間の条件の中で人間としての自分が
やり終えて満足したい事があるからです

エンライトメントは自分が考えた全てだ
と確かめるために、もう少し前に進む
のを単に待っている人たちがいます

非常に多くのこれらのシャンブラがいます

再び言いますが、貴方は
自分が何者か知っています

そこには何であれ
どんな判断もありません

If you choose to wait for a while,
 more to continue experiencing as a human in the human condition,
 there is absolutely no judgment,
 because sooner or later we know that
 each and every one of you is going to allow your own sovereignty.

しばらく待って
人間の条件の中で
人間としての体験を
もっと続ける選択をするなら
そこには全く何の判断もないです

遅かれ早かれ、貴方がたみんな
一人一人が、自分自身の独立自尊を
ゆるすだろうことを私たち
は知っているからです

This is a very large number and sometimes you could say
 it’s a little bit challenging, because one moment
 this group of 30,000 is very, very committed to their enlightenment,
 very focused on their enlightenment,
 as you can tell when they come to the gatherings,
 when they communicate on the Internet. 

これは非常に大人数です

この三万人が自分自身
のエンライトメントに
とてもとても専念して
とても焦点を合わせる瞬間

彼らが集まりに来るとき
彼らがインターネットで対話するとき
時には少し挑戦的だと言えます

But the next moment they seem to be distracted,
 going off somewhere else, doing something else,
 forgetting about their embodied enlightenment,
 forgetting about their commitment to do it in this lifetime and
 sometimes even forgetting about this dream, the Atlantean dream,
 the dream from the time of Yeshua
 that brought all of you together. 

でも次の瞬間に彼らは気をそらし
他のどこかに離れて行って他のことをして
エンライトメントを体現することを忘れて
この生涯でそれに専念することを忘れます

貴方がたみんなを一緒にした
この夢、アトランティス人の夢
イェシュアの時代からの夢について
忘れることさえ時々あります

And again, no judgment whatsoever, because
 we’re here, you’re here for all of them
 whenever they’re ready, whenever they choose.

This is not a race. 
This is not to see who gets there first,
 who does it bigger and faster and better. 

It’s simply an experience. 

そして再び言いますが
なんであれ何の判断もありません

いつでも彼らが用意できたとき
いつでも彼らが選択するときには
彼らのために、私たちが貴方がたが
今ここに実在しているからです

これは競争ではないです

誰が最初にそこに着くか
誰がより大きいか早いか良いか
を見ることではないです

それは単に体験です

But for them, this group of 30,000, at times it’s so challenging,
 because they have the knowingness of their enlightenment;
 they feel that deep inner desire for their realization,
 but yet they know they are easily distracted. 

でも彼ら三万人のグループにとって
それは時々とても挑戦的です

彼らには自身のエンライトメント
の瞬間叡智があるからです

彼らは深い内側の自身の
体現の望みを感じます

でもそれでも簡単に気が
それるのを知っています

They focus on things
 that aren’t particularly relevant to the enlightenment
 at this time, and then they get very, very frustrated with themselves.

This causes somewhat of an energetic imbalance
 within this thing we called Shaumbra. 

その時点でエンライトメントに特に関係
ないことに、時に彼らは焦点を合わせます

すると彼らはとてもとても自分自身に失望します

これは、シャンブラと呼ぶものの内側の
エネルギー的アンバランスの原因になります

This is where so many of our resources in the Crimson Council are devoted to,
 helping to bring them back into a knowingness,
 helping to illuminate the potentials that are actually surrounding them,
 helping them to cross over their fears,
 their concerns, their doubts about themselves.

So there’s a tremendous amount of our energy,
 the energy of Shaumbra on Earth,
 dealing with this imbalance. 

このためにクリムゾン・カウンシル
の沢山の存在たちが献身しています

彼らが瞬間叡智に戻るのを助けるため

彼らを実際に取り囲む可能性を光で照らすのを助けるため

彼らの恐れ、彼らの心配、自分自身についての疑い
を乗り越えるのを助けるため

だから途方もない量の私たちのエネルギー
地球のシャンブラのエネルギーが
このアンバランスを扱っています

But as each and every one of you knows,
 an imbalance isn’t necessarily wrong or bad. 

It’s actually an opportunity to shift energies. 

Within every imbalance, in any thing in all of creation, there are potentials. 
An imbalance, in so many cases,
 simply creates movement, simply creates new shifts.

でも貴方がた一人一人が知っているように
アンバランスは必ずしも間違ってる
とか悪いものではないです

それは実際エネルギーを転換するチャンスです

全てのアンバランスの中にも
全ての創造のどの中にも
可能性があります

とても多くの場合に、アンバランスは
たやすく動きを、新しい転換を創造します

Then there are a very large number of those
 who don’t necessarily call themselves Shaumbra. 

They don’t identify strongly with the name. 

They feel it, they don’t push it off, but
 they don’t necessarily identify strongly. 

They’re not sure if they want to be part of a group,
 which, of course, this really isn’t. 

それから、自分自身をシャンブラと
呼ぶ必要ない非常に多くの人々がいます

彼らはその名前と自分を余り同一視しません

彼らはそれを感じます
彼らはそれを押しのけませんが
自分を余り同一視しません

グループの一員でいたいかどうか分かりません

They’re not sure if they really want this thing called
 –
 they call it ascension; we call it embodied enlightenment.

They’re not really sure,
 but they feel drawn to it,
 much like you would say a fly is drawn to honey. 

There’s something there.

They feel drawn to it
 because of the energetic qualities of so many of the rest of you,
 because of the truth in it. 

それを自分が本当に望んでるかどうか分かりません

それを彼らはアセンションと呼び
それを私たちはエンライトメントの体現と呼びます

彼らは余り分りませんが
それに魅き付けられるように感じます
ハエがハチミツに魅き付けられるように

そこには何かがあります

沢山の貴方がたのエネルギーの質その真実のために
彼らはそれに魅き付けられます

But sometimes the truth, the clarity of
 what we’re all doing together
 is a bit too strong for them.

They come back on a periodic, sometimes even regular basis. 

They allow themselves to immerse at a certain level
 within the consciousness of what all of you have created,
 but in a way it’s harsh for them. 

It’s difficult for them. 

They still are feeling very drawn to their other life, their human condition,
 but yet come back from time to time
 because they know there is more.

でも私たちが一緒にやっている
その真実、その明晰性は
時に少し彼らには強すぎます

彼らは周期的に、時には定期的に戻って来ます

貴方がたみんなが創造した意識の中で
彼らはあるレベルで自分自身を親しませます

でもある意味それは彼らにとって厳しいです

それは彼らにとって難しいです

彼らの他の人生、彼らの人間の条件に
彼らは依然として、惹き付けられるように感じています

でもそれでも時々戻って来ます
もっと良いものがあると分かるからです

So what we have within Shaumbra is a very committed group. 

Not a large group at all, but a very, very committed group
 –
 sixty-five hundred
 –
 that are in their 11th hour, 59th minute to enlightenment, to realization. 

それでシャンブラの内側には
とても専念しているグループがいます

大きなグループではないですが
とてもとても専念しているグループで

六千五百人の人たちが

エンライトメント体現への11時59分にいます

To what we called before the poppers,
 like kernels of corn just ready to pop. 

Now the heat so intense, the transformation, the shift so imminent. 

They’re in that kind of borderline zone between
 one state of being in consciousness and the other. 

ポップコーンを作る器具の前で
トウモロコシの粒がまさにポンと
はじけそうな、そんな状態です

今や、その熱はとても強烈で
その変容その転換は目前に迫っています

彼らは意識のある状態
と意識の異なる状態
との境目にいます

They’re somewhere right in the middle,
 and at this point they can’t go back. 

You can’t go back. 

Right on that moment,
 that point of truly embodied realization on this planet.

彼らはまさに中間点にいて
この瀬戸際からは戻れません

貴方は戻れないのです

まさにその瞬間
この地球で肉体にいながら
真に体現する瀬戸際

 

| /PAGES |

MESSAGE TO SHAUMBRA
貴方に贈る言葉 2 前進する



⦿Going Forward 前進する⦿


So we come here now to discuss what’s next? 

Where do we go from here? 

What is this new Crimson Circle?

Going forward, the messages are going to be more clear and focused,
 meaning that we’re going to be much more specific and direct. 

だから今ここで私たちは
次は何かについて話します

ここからどこに進みますか?
新しいクリムゾン・サークルとはどんなものですか?

前進して、そのメッセージは
もっと明晰で重点的になります
つまり私たちは、もっと詳しく直接的になります

And when I say “we,” it’s you, it’s me, it’s the Crimson Circle staff. 

It means we have such a clarity now about this being the lifetime,
 such a clarity of what we have about consciousness on the planet,
 and such a clarity and a commitment to enlightened realization in this lifetime. 

そして『私たち』と言うときそれは貴方であり
私であり、クリムゾン・サークルのスタッフです

つまり今や私たちは
生涯を経験することについて
これほど明晰で

惑星での意識について
これほど明晰で

エンライトメントを
この生涯で体現するために
これほど明晰で信頼しています

Not waiting, not pushing it off, not just thinking or dreaming about it,
 but making that dream into a reality.

待っているのではなく
それを延期しているのではなく
それを考えているだけでなく
それについて夢見ているのでなく
その夢を現実にしています

There’ll be much clarity, much more focus all the way around,
 and as I have said before as Adamus,
 there is no room in this for those
 who are simply energy feeding. 

行き着くまでには
はるかに明晰性があり
はるかに焦点が絞られます

そして前にアダマスとして言ったように
エネルギーを他の人から得るだけの人
の居場所はこの中にありません

There’s no room for those who are playing spiritual. 
This is no longer spiritual. 
This is no longer the New Age. 
This certainly is not a religion. 

スピリチュアルで遊ぶ人の居場所はありません
これはもうスピリチュアルではないです
これはもうニューエイジではないです
勿論これは宗教ではないです

This is about conscious embodied enlightenment on this planet.

It transcends spiritual, because it’s not just concepts. 

It’s not just something in the other realms. 

It’s not just a philosophy. 

これは、この惑星で意識的に
エンライトメントを体現
することについてです

それは、スピリチュアルを超越します

それは、単なる観念ではないからです

それは、単なる他の領域の何かではないからです

それは、単なる哲学ではないです

It is real. It is living. It is you.

それは実在します
それは生きています
それは貴方です

It’s certainly not the New Age. 

The New Age, indeed, did bring about a new consciousness
 to the planet starting in the mid-1800s, and it brought
 a new way of thinking, a new way of freedom to the planet. 

勿論それはニューエイジではないです

ニューエイジは、確かに、1800年代なかばに始まり
この惑星にとって新しい意識をもたらして、それは
新しい考え方を、この惑星での自由の
新しいやり方を、もたらしました

But we’ve transcended that. 
We’ve transcended some of the accoutrements and the dressings of
 what has been called the New Age, and
 I’m sure you can feel the difference between
 what you and what we are doing here in the Crimson Circle as Shaumbra,
 that transcends, that goes beyond the New Age.

でも私たちは、それを越えました
ニューエイジと呼ばれてきた服と化粧を超えました

きっと貴方は、どう異なるか感じられます
シャンブラとしてクリムゾン・サークルで
やっていることがニューエイジを超えて進むことを

What we’re doing here is the
 absolute allowing of enlightenment. 

Enlightenment is natural. 

Enlightenment comes with allowing. 

Enlightenment is not something that
 somebody else can give you nor necessarily even teach you. 

It is your allowing. 

私たちがやっているのは
エンライトメントを完全にゆるすことです

エンライトメントは自然なものです

エンライトメントは
ゆるすことと共に起こります

エンライトメントは他の誰かが
貴方に与えられるものではなく
貴方に教える必要さえないものです

それは貴方が
ゆるすことです

But, as you know, it can be so difficult, so challenging,
 because all of the elements of the physical reality around you
 can be so seductive, can pull you out of that enlightenment,
 can pull you right back into the limitations of the human condition.

でも、貴方が知っているように、それは
とても難しく、とても挑戦的です

貴方の周りの物理的な
現実の全ての要素が
とても誘惑的で貴方を
エンライトメントから引き離して
すぐに人間の条件の制限
に引き戻すからです

Enlightenment can be so challenging and so difficult,
 because the human is used to perceiving everything
 through their mind and through their human senses,
 and in true enlightenment, it is going beyond those senses. 

エンライトメントはとても挑戦的で難しいです

貴方の人間の側面が
マインドと五感を通して
全てを認識してきたからです

真のエンライトメントは、それらを超えます

Those senses still are intact and are an important part of everyday living. 

But it goes beyond that into senses
 that right now are truly beyond description. 

So I’m simply calling them the Master Sense.

それらの五感は、そのまま温存されて
日常生活での重要な役割を果たします

でも真のエンライトメントは
それらの五感を超えた感性
いまは表現を全く超えた感性に進みます

だから単にそれを『マスターの感性』と呼んでいます

Enlightenment can be difficult
 because it changes your life, and
 particularly during those times of changes,
 which so many of you know so well, in those times of changes,
 everything can seem to be in chaos.

エンライトメントは難しくなり得ます

それが貴方の人生を変えて
特に貴方がたの多くがよく知ってる
これら変化の時代のあいだ全てが
混乱状態にみえるからです

Everything starts to appear to fall apart, even though it’s really not.

The day-to-day way you perceive life changes, and
 it can be unsettling to the mind and to the physical senses
 and to your past and to your beliefs. 

実はそうではないのですが
全てのことがバラバラになる
ように見え始めます

日々の生の認識の仕方が変化します

マインドと五感と貴方の過去と信念にとって
不安になる可能性があります

For one to allow
 –
 to trust these changes, to trust that
 it’s simply their choice for enlightenment
 –
 is so simple, but yet so fearful, excruciating, challenging. 

ゆるす者にとっては

それらの変化を信頼することは、
それは単に自分のエンライトメントの
選択だ、ということを信頼することは

とてもシンプルですが、それでも
とても怖く、とても不快で、挑戦的です

You’re going to feel the constant pull back
 to the old ways, to limitations within your senses. 

You’re going to be pulled back
 to family members, to mass consciousness. 

You’re going to be pulled back to old concepts of
 how to survive on this planet,
 how to achieve even a small degree of abundance.

古いやり方に、自分の感性の制限に
常に引き戻されるのを感じるでしょう

家族の人に、大衆意識に
引き戻されるでしょう

この惑星で、どう生き延びるか
小さな豊かさでさえ、どう獲得するか
という古い観念に引き戻されるでしょう

So, in a way, as simple as it is, it can be very challenging. 

You can’t fight it. 
You can’t make sense of it in the way
 you generally make sense in your mind. 

だから、ある意味
それくらい簡単で
とても挑戦的であり得ます

それと闘うことはできません

貴方のマインドで普通に理解
するようには理解できません

So it’s simply about allowing.

It is a difficult and oftentimes
 very, very lonely journey into embodied enlightenment. 

それは単に
ゆるすことです

それは難しく大抵とてもとても独りの
エンライトメントの体現の旅です

That’s why this thing that you have helped to create
 –
 this thing called Shaumbra, called the Crimson Circle
 –
 is so important.

It is, as has been said so many times, not a club. 
There’s no membership. There are no dues.
There are truly no rules or regulations or requirements. 
 
It is a gathering place for kindred spirit. 

It is a place of familiar, because
 you’re generally all on the same journey. 

It is a place that is familiar, because
 you’ve been together and shared together before.

It is a place where you can come and feel and be in the safe space. 

だから貴方が創るのを助けた

シャンブラと呼ぶもの
クリムゾン・サークルと呼ぶもの

が、とても大切なのです

それは、何度も言われてきたように、同好会ではないです

会員も会費もありません

規約も規則も義務も全くありません

それは心の友の集まるところです

それは親しみがある場所です
貴方がたは大抵みんな同じ
旅をしているからです

それは親しみがある場所です
貴方がたは前に一緒にやってきて
一緒にシェアしてきたからです

それは貴方が来て感じて
安全な空間にいる場所です

It’s not so safe out there in your regular human reality. 
But here you can come for that feeling of being in the safe space,
 for the feeling of compassion, for the feeling of
 being understood by others and loved. 

Not just by Shaumbra who are in physical body,
 but by Shaumbra who have crossed over to the other side,
 by the entities who are working with each and every one of you,
 and by all of those in the Crimson Council.

貴方の日常の人間の現実は
あまり安全ではありません

でも貴方は
安全な空間にいる感じで
慈悲の感じで
他の者から理解され
愛される感じで
ここに来られます

肉体にいるシャンブラだけでなく
異なる領域に渡ったシャンブラから
貴方がた一人一人とワークしている存在たちから
クリムゾン・カウンシルのみんなから

So you come here. 
It is an energetic safe space. 
It’s not a structure. 
It’s not a club or a fraternity or anything like that. 

It is simply an affinity space, a safe space for each and every one of you.

だから貴方はここに来ます

それはエネルギー的に安全な空間です

それは組織ではありません

それは同好会か社交クラブか
そんなものではないです

それは単に親しみの空間で
貴方がた一人一人のための
安全な空間です

 

| /PAGES |

MESSAGE TO SHAUMBRA
貴方に贈る言葉 1 新しいクリムゾン・サークル



⦿The New Crimson Circle 新しいクリムゾン・サークル⦿


Today, I’m probably more St. Germain than I am actually Adamus. 
You’re used to Adamus. 
You’re used to that aspect of me, of St. Germain,
 that comes forward to provoke you, to taunt you at times,
 to laugh with you, to cry with you and to share this journey. 

たぶん今日の私は
アダマスというよりは
もっとセント・ジャ−メインです

貴方がたはアダマスに慣れています
私のセント・ジャ−メインの
その側面に慣れています

人前に出て、貴方を挑発し
時々からかい、貴方と笑い
貴方と泣き、この旅を
シェアする側面です

But today it’s a little bit more of the St. Germain.

For those of you who are listening to this,
 who are touched in some way by it, it’s probably
 because you and I have been together before
 in human form on this planet,
 in lifetimes past, in our Mystery Schools,
 in our work together for the spiritual quality of humanity. 

We’ve probably worked together and
 that’s probably why you’re here now.

でも今日は少し、もっとセント・ジャ−メインです

これを聴いている貴方へ
これに何らかの形で触れている貴方へ
多分それは貴方と私が前に一緒だったからです

この惑星で人間の姿で
過去の生涯でミステリースクールで
人類の精神霊的な質のため一緒にワークして

たぶん私たちは一緒にワークしてきて
だから貴方は今ここにいるのかもしれません

I talked last year on several occasions
 about staying or leaving, and
 I’m sure by now you can already feel the answer. 

いくつかの状況で昨年、とどまるか去るか
について話しましたが、きっと今までに
すでに貴方はその応え、を感じられます

I’ve chosen
 –
 I’ve always chosen
 –
 to stay, but the real question is
 where do we go from here?
What do we do? 

私は選択してきました

常に私は選択してきました

とどまることを

でも本当の問いは
ここからどこに進むか
何をするか、ということです

We
 –
 me, each one of you, the other entities
 who are assisting, such as Kuthumi
 –
 where do we go from here? 
What comes next?

わたしたち

私、貴方がた一人一人
クツミのようにアシスト
している他の存在たちは

ここからどこに進みますか?
次はなんですか?

I said this was the new Crimson Circle. 
What does that mean? 

Let’s go over some facts and figures, some information that
 we’ve done in our own form of an energetic measurement.

これが新しいクリムゾン・サークルだと言いました
それはどういう意味でしょう?

幾つかの事実と数、独自のやり方で
エネルギーを計測した情報を検討しましょう


⦿Shaumbra シャンブラ⦿


There is this thing called Shaumbra. 
Shaumbra, it’s a word that was first used about 2,000 years ago. Tobias explained it. 

シャンブラと呼ぶものがあります
シャンブラ、その言葉が最初に
使われたのは約2千年前でした
それをトバイアスが説明しました

It was a group which later turned into the Essenes
 and to other offshoots of that;
 it was a group back in the time of Yeshua
 who called themselves Shaumbra, the family, the strong family,
 the family of the rock, the family that was here
 to plant the Christ seed consciousness on Earth. 

That’s where the term came from.

それは後にエッセネ派と他の
分派になったグループでした

それはイェシュアの時代に
自分たちをシャンブラと呼んだグループで
地球にキリスト意識の種を植えた家族
緊密な家族、岩の家族でした

その言葉は、そこから来てます

Over the series of centuries after that,
 many of you went in different directions
 –
 some to the Mystery Schools, some on your own path or journey
 –
 but you came back together in this lifetime,
 well over 100,000 on the planet Earth
 who feel an affinity or a connection to this thing called Shaumbra.

その後、何世紀ものあいだ貴方がた
の多くは、違う方向に行きました

ミステリースクールに行った者たち
自分自身の道または旅をした者たち

でも貴方がたはこの生涯で一緒に戻って来ました

この惑星地球の10万以上の者たちが
このシャンブラと呼ぶものに
親しみと繋がりを感じます

Shaumbra has become its own entity. 
There is a Shaumbra entity, and it’s with you. 
It’s with all of you each and every day. 

It’s in this website. 
It’s in the staff of the Crimson Circle. 
It’s in all of you. 

シャンブラそれ自身が実体になりました

シャンブラという実体があります
それは貴方と共に存在します
貴方がたみんなと共に毎日存在します

それは、このウェブサイトの中に存在します
それは、クリムゾン・サークルのスタッフの中に存在します
それは、貴方がたみんなの中に存在します

You’ve created Shaumbra.
All across the planet there are those
 who tap into this information,
 because the information is not just me, St. Germain. 

The information was not ever just Tobias either. 

It is all of us, and we call that a Shoud.

Shaumbra doing a Shoud
 –
 it’s all of us putting our dreams and our desires,
 our consciousness and our hopes, putting everything together
 –
 and that’s what we’ve created over these years.

貴方がたがシャンブラを創造しました

この情報に触れる人々が
この惑星の至る所にいます

私、セント・ジャ−メインの情報だけではないからです

それは私たちみんなの情報で
それをシャウドと呼びます

シャンブラがしているシャウド

それは私たちみんなが夢と望みと意識と
希望の全てを一緒に寄せ集めたものです

それが長年にわたり私たちが創造してきたものです

A Shoud is no longer just that monthly gathering,
 that monthly message that we have. 

A Shoud now is so much more encompassing. 

A Shoud goes into all of the classes, all of the gatherings that
 you call workshops, all of your Cloud Classes. 

A Shoud is all of your social media. 

A Shoud is the essence, the consciousness of Shaumbra on the planet.

シャウドはもう単なる毎月の集まり
毎月のメッセージではないです

シャウドは今や、もっと包括的なものです

シャウドは全てのクラス、全てのワークショップ
と呼ぶ集まり、全ての『雲のクラス』に入り込みます

シャウドは貴方がたみんなのソーシャル・メディアです

シャウドはエッセンスであり
この惑星のシャンブラの意識です

It has grown, but as Tobias once told Cauldre, it’s never going to be big. 

Cauldre thought that meant 20, 30, 40 people at the most. 

What we meant was 100,000, maybe a little bit more. 

それは成長してきましたが
トバイアスがカウドラに言ったように
決して大きくなりませんでした

その意味をカウドラは、せいぜい20人、30人、40人と考えました

私たちがそう言った意味は10万人か多分もう少し多くでした

But it was never designed as something for everyone,
 because to be what you call Shaumbra, it means that
 you had a connection going back to Atlantis,
 going back to the times of Yeshua,
 coming into this lifetime. 

It’s not exclusive. 
Anyone is welcome, but
 that core connection is still such an integral part
 of all of you, of all of what you do.

でもそれは全ての人のためのもの
としては決して意図されませんでした

シャンブラと呼ぶ者であることは
アトランティスの時代にさかのぼる
イェシュアの時代にさかのぼる
繋がりがあり、この生涯に入って
来ている、という意味だからです

それは閉鎖的なものではないです
誰でも歓迎されます

でもその核になる繋がりが常に貴方がた
みんながする全ての不可欠な要素です

 

| /PAGES |

MESSAGE TO SHAUMBRA
 貴方に贈る言葉 0



MESSAGE TO SHAUMBRA 貴方に贈る言葉

Featuring
Adamus Saint-Germain
channeled through Geoffrey Hoppe
Assisted by
Linda Benyo Hoppe

アダマス・セント・ジャ−メイン
ジェフリー・ホップを通して語られる
リンダ・ベニョ・ホップにアシストされる

IMPORTANT NOTE: 
This information is probably not for you
 unless you take full responsibility for your life and creations.

重要:
自分の生と創造の責任を
完全に取るのでなければ
この情報は貴方の役に
立たないかも知れません

© 2016 Geoffrey Hoppe Golden, Colorado. All rights reserved. Please freely distribute this text, in its entirity, on a non-commercial, no-charge basis, including these notes. All other uses must be approved in writing by Geoffrey Hoppe, Golden, Colorado. See contacts page on website: www.crimsoncircle.com Adamus® is a trademark of Crimson Circle IP, Incline Village, Nevada USA

©2015ジェフリー・ホップ、コロラド州 ゴールデン。著作権所有。この文書はこの注記も含め、非商業的、非営利を前提として、この形のまま、ご自由に配布してください。この用途以外に使用する際には文書にてGeoffrey Hoppe, Golden, Coloradoの承認を得てください。アダマス(Adamus®)はCrimson Circle IP、Incline Village, Nevada USAの登録商標です。お問い合わせはサイト内お問い合わせページまで www.crimsoncircle.com

To experience the full energy of this session,
 it is recommended that you listen to the audio or video
 recording while reading the transcript or translation.

このセッションの完全なエネルギーを体験するために
英文や翻訳文を読んでいる間、音声か映像を聴くようお勧めします

・・・・

LINDA: Welcome to this special presentation of Adamus Saint-Germain.

リンダ:アダマス・セント・ジャ−メインからの
この特別な贈り物へ、ようこそ

As we all remember, Adamus made it very clear
 – it started in February 2015; he’s been reinforcing it,
specifically in May 2015
 –
 that he was here to take a measure and
 that in February 2016 he would decide
 how he would continue or not continue with Shaumbra, with all of us,
 based on how we’ve managed realizing
 on our path to enlightenment. 

私たちみんなが覚えているように
アダマスはとても明白にしました

それは2015年2月に始まりました
その認識を彼は強めてきて、特に2015年5月に

彼は意識を計って
私たちがエンライトメントへの道
を、どう体現してきたかに基づき
2016年2月にシャンブラ、私たちみんなと
どのように彼が続けるか続けないか
決断すると宣言しました

So here is that promised message. 
Geoff right now is getting ready to bring in Adamus and share that message.

We’re here in the Crimson Circle studio in Louisville, Colorado awaiting,
 anxiously awaiting, Adamus Saint-Germain to find out
 where we are and where we’re at.

これはその約束のメッセージです
いまジェフはアダマスを呼び入れて
そのメッセージをシェアする用意をしています

私たちはコロラド州ルイスビルのクリムゾン・サークル・スタジオにいます
私たちがどこにいるのかアダマス・セント・ジャ−メインが見いだすのを固唾をのんで待っています

So with that, take a good deep breath. 
Really feel into the energies of this Adamus presentation. 
Really feel into you. 

ではそれと共に、じゅうぶん深く呼吸してください
このアダマスの贈物のエネルギーを本当に感じて下さい
貴方自身を本当に感じて下さい

Where are each of us with our realization to enlightenment? 
Did you allow it? 
Can you breathe it? 

私たち一人一人のエンライトメントの体現は?
それを貴方は、ゆるしましたか?
それを貴方は、呼吸できますか?

Really let your energy radiate for Adamus.
So take the good deep breath. 
Feel with all that you are. 

Open into your consciousness and awareness,
 allowing for this most special presentation.

貴方のエネルギーがアダマスを照らす
のを本当にゆるしてください

じゅうぶん深く呼吸して下さい
貴方である全てを感じて下さい

貴方自身の意識と気づきに開いて
この最も特別な贈物をゆるして


⦿⦿⦿⦿


ADAMUS: I Am that I Am, Adamus of St. Germain.
Let’s take a good deep breath, my dear friends.
What a long journey it’s been, a journey
 that stretches back over eons of time. 

自身である全て 実在する
アダマス・セント・ジャ−メインです

じゅうぶん深く呼吸してください、親愛なる友よ

なんという長い旅だったでしょう
長い年月を過ぎて、さかのぼる旅でした

It takes us through the times of Atlantis
 –
 the Temples of Tien, the dream of
 embodied enlightenment on Earth,
 the tragedy of Atlantis,
 the heartfelt pain that
 so many of you have had ever since then;
 the reuniting 2,000 years ago in the time of Yeshua,
 the planting of Christ seed consciousness on the planet;
 the making of agreement to come back

アトランティスの時代にさかのぼります

ティエンの寺院
地球で肉体にいながらエンライトする夢

アトランティスの惨事
それ以来、貴方がたの多くが
ずっとハートに抱えてきた痛み

2千年前、イェシュアの時代の再会
キリスト意識の種を地球に植えたこと
また戻って来ると同意したこと

in this time, in this lifetime
 at this most amazing time on the planet,
 knowing that this time would be that of consciousness
 –
 changing the reality of planet Earth. 

この時代、この生涯地球での
この最も、驚くべき時代に
これが、意識の時代だと知りながら

惑星地球の現実を変えながら

You choosing to come back
 for your last lifetime on Earth,
 for your enlightenment in human form;
 you choosing to bring consciousness to this planet.

戻って来ると選択した貴方

地球での最後の生涯のため

肉体にいながらエンライトするため

この惑星に意識をもたらすと選択した貴方

Such a long journey it’s been, and now
 you’re living in one of the most fast-moving, most challenging,
difficult times on the planet, yet the time of the greatest potential,
 the greatest opportunity, the greatest abundance
 this planet has ever seen. 

実に長い旅でした

そしていま
この惑星の
最も速く動く
最も挑戦的で
難しい時代に
貴方は生きています

けれども
この惑星での今までで
最大の可能性の時代
最高のチャンスの時代
最大の豊かさの時代です

We’re not going to see the likes of Atlantis happen on this planet.
We’re not going to see the falling of great societies,
 but we are going to see phenomenal changes
 over these next ten to twenty years.

この惑星でアトランティスで起こった
ようなことは見ないでしょう

素晴らしい社会が崩壊するのは見ないでしょう

でも次の10年から20年の間に
驚異的な変化を見るでしょう

We’re going to see changes that are brought forth
 by consciousness, by dreams, by desires, by people like you
 who’ve made an intense commitment to themselves
 for their enlightenment, for their realization in this lifetime.

意識によって
夢によって
望みによって

自分自身のエンライトメントのために
自分自身のこの生涯での体現のために
自分自身を真剣に信頼した
貴方のような人々によって

生じる変化を見るでしょう

So here we are in the new Crimson Circle. 
Take a look around. Feel around you. 
This is the new face of Shaumbra.

だから新しい『クリムゾン・サークル』です

周りを見回してください
貴方の周りを感じてください
これが『シャンブラ』の新しい顔です

We had our last great change
 at the Quantum Leap in the year 2007,
 where entities from all around the world
 and entities from the other realms gathered together
 to mark and to celebrate a time of quantum leap of consciousness,
 a time when consciousness literally took this planet
 off of the old linear curve and put it
on an exponential curve;
 a time when the shifts really truly began,
 the shifts that are right now shaping this planet and what comes next.

私たちの前回の大きな変化は
2007年の『量子的飛躍』のときでした

世界中からの存在たちが
他の領域からの存在たちが
祝うため一緒に集まりました

意識の量子的飛躍のときを

意識が、文字通りこの惑星を
古い直線的な曲面から離して
飛躍的な曲面に置くときを

意識の転換が本当に真に始まるときを

その意識の転換が現在
この惑星を方向付けています

そして次に現われるのは何でしょうか

I say that it’s not going to be a repeat of Atlantis. 

No, if anything, we’re either going to see these two Earths
 that are now in existence, these two different sets of consciousnesses
 and realities meld together or split apart on a rather permanent basis. 

It all depends on consciousness, on humans,
 on what direction humans choose to take.

それはアトランティスの
繰り返しではない、と私は言います

いえ、それどころか
いま存在している二つの地球
これら二つの異なる意識と現実

二つが一緒に融合するか
永続的に別れて分裂するか

それは全て意識によって決まります

どの方向を人間たちが
選択するかで決まります

And I know, because so many of you are vested and invested into this planet,
 you certainly want to see these different levels of consciousness
 meld together for the sake of the planet and humanity,
 for this thing that you helped to create and that you love so dearly. 

And it may. We’ll know in the next few years. 

貴方がたの非常に多くが
惑星にエネルギーを注いだので
これら異なるレベルの意識
が一緒に融け合うのを
惑星と人類のために
ぜひ見たいのは分ります

貴方がたが
その創造を助けて
とても心から愛した
惑星と人類のために

そして、そうなるかも知れません
それは、ここ数年のうちに分かるでしょう

Or the two worlds may split apart
 out of compassion and
 actually out of a form of respect
 so that those who choose to stay in an older consciousness and an older world,
 who still choose to go through limited human experience,
 can do exactly that. 

または二つの世界に分裂するかも知れません

古い意識と古い世界にとどまる選択をする人
限定された人間を経験することを選択する人
が完全にそれを体験できるように
という慈悲と尊重から

And those who choose a
 higher form of consciousness,
 a new type of Earth,
 one that’s not just limited to physical reality,
 one that’s not just limited to the mind,
 one where there is true freedom and sovereignty,
 that is where they’ll go.

意識の高い状態
新しいタイプの地球
物理的現実だけに限定されない存在
マインドだけに限定されない存在
真の自由と独立自尊の存在
を選択する存在たち

それが彼らが進む意識です

As I’ve said in some of the other presentations that
 we’ve made recently, if that occurs,
 that shift will occur naturally, seamlessly, gracefully,
 without collapse, without catastrophe,
 without this old planet splitting apart. 

最近した他の贈り物の中で
言ったように、それが起こるなら
その転換は、自然に途切れなく
優美に起こるでしょう

崩壊はなく、破滅的状況はなく
この古い地球が割れることなく

It will just suddenly shift into the New Earth. 

That’s for a later discussion in the years ahead, but
 what we’re here to do today is
 to discuss the new Crimson Circle.

So let’s take a deep breath with that as I get ready at my podium.

それは突然の新しい地球への転換でしょう

それは数年先の話ですが、今日は新しい
クリムゾン・サークルについて話します

だから演壇で用意するあいだ
深く呼吸しましょう

 

| /PAGES |

アダマス・セント・ジャーメインの和訳



「神性を生きる」
アダマス・セント・ジャーメイン
がシェアする情報で2015年9月から始まったWalk Onシリーズ
シャウドを和訳してメールでシェアしています

ご自身の意識の進化に役立てることができます

シャウドを読み込み聴くとき
「どういうこと?」「????」「!」
となりやすく、信じてきた催眠や思いこみ
に気づくきっかけになります

声に出して読むと瞬間叡智
に開きやすくなるようです

アナディの場合は、何かを学ぶ
のではなく内容は、気にしないで
詩を読んで聴くように、感じながら
読んで聴くようになりました

徐々にマインドは静まってきて
直観と気づきが育っていきました

読み方、聴き方が変わるとともに
自然に、内側で変容が起こりました
 
マインドがゆるく軽くなりました
 
肉体が浄化され健康になり
マインドが浄化され健康になり
肉体マインド意識のからだ
が統合してひとつになりました

ご希望の方はメールで御連絡ください
japshoudアトマークgmail.com
シャウド

それは単なる言葉でなく
時空を超えたインナーネット

感応する者たちが互いに
響き合い瞬間叡智を共有する

だから、それは
自分を創造して
意識の進化を創造して
すべてを創造しつつある
 歩き続ける 力に頼らない生  目次

 Walk On1

 ⦿ 0 超えて進む 力に頼らない生
 ⦿ 1 宇宙人達
 ⦿ 2 これから
 ⦿ 3 どう説明するか?
 ⦿ 4 起こること
 ⦿ 5 力を超えて
 ⦿ 6 歩き続けるメラーブ

 Walk On2

 ⦿ 0 短いおさらい
 ⦿ 1 起りつつある変化
 ⦿ 2 実例
 ⦿ 3 現実の性質
 ⦿ 4 ボン
 ⦿ 5 質問
 ⦿ 6 夢
 ⦿ 7 時空の体験

 Walk On3

 ⦿ 0 
 ⦿ 1 ピーター
 ⦿ 2 最大限生きるか去るか
 ⦿ 3 質問
 ⦿ 4 人生
 ⦿ 5 空想
 ⦿ 6 空想のなかで

 Walk On4

 ⦿ 0 
 ⦿ 1 最初の質問
 ⦿ 2 2つ目の質問
 ⦿ 3 人々の認識
 ⦿ 4 現在の世界
 ⦿ 5 考える人と洞察する実在
 ⦿ 6 二つの世界
 ⦿ 7 瞬間智をゆるすメラーブ
 ⦿ 8 洞察する実在
 ⦿ 9 変化のメラーブ

 Walk On5 

 ⦿ 0 自分自身を信頼する
 ⦿ 1 二つの問い
 ⦿ 2 質問その2
 ⦿ 3 アダマスの応え
 ⦿ 4 ついに本番です
 ⦿ 5 マスターの感性
 ⦿ 6 ウォルター・ラッセル
 ⦿ 7 もっとマスターの感性で
 ⦿ 8 雑音と静寂
 ⦿ 9 押す力の現実
 ⦿ 10 催眠
 ⦿ 11 マスターの感性のメラーブ

Walk On6

 ⦿ 0 宝石
 ⦿ 1 可能性
 ⦿ 2 はじめの質問
 ⦿ 3 三つ目の質問
 ⦿ 4 マスターの感性
 ⦿ 5 時空の川
 ⦿ 6 無時間の可能性のプール
 ⦿ 7 えもいわれぬ存在の安らぎ
 ⦿ 8 無い所

Walk On7

 ⦿ 0 
 ⦿ 1 質問
 ⦿ 2 全てが進化を通り抜ける
 ⦿ 3 新しくなり
 ⦿ 4 変化の物理学
 ⦿ 5 あなたが最も邪魔をする
 ⦿ 6 そんなに急がないで下さい

Walk On8

 ⦿ 0 拡張
 ⦿ 1 第一幕
 ⦿ 2 自分がいる所
 ⦿ 3 瞬間叡智
 ⦿ 4 第二幕
 ⦿ 5 何が新しい?
 ⦿ 6 体験
 ⦿ 7 力の無いエネルギー
 ⦿ 8 雑音の無い生
 ⦿ 9 人間の経験の層
 ⦿ 10 第三幕
 ⦿ 11 新しいものへのドリームウォーク

Walk On9

 ⦿ 0 
 ⦿ 1 マスタークラブ
 ⦿ 2 それが貴方の元に来ます
 ⦿ 3 肉体バランス
 ⦿ 4 最初の質問
 ⦿ 5 二番目の質問
 ⦿ 6 サタンの最も大きな成果
 ⦿ 7 歩き続ける
 ⦿ 8 闇の嘘を超えるメラーブ

Walk On10

 ⦿ 0 貴方が観えます
 ⦿ 1 今日の質問
 ⦿ 2 昨年
 ⦿ 3 ニューエイジを超えて
 ⦿ 4 闇を超えて
 ⦿ 5 死を超えて
 ⦿ 6 力を超えて
 ⦿ 7 時間と空間を超えて
 ⦿ 9 もっと
 ⦿ 10 飛躍
 ⦿ 11 メラーブ

Walk On11

 ⦿ 0 ここに実在してます
 ⦿ 1 第1部
 ⦿ 2 超人間主義
 ⦿ 3 今日の質問
 ⦿ 4 調整している
 ⦿ 5 調整を超えるメラーブ
 ⦿ 6 第二部
 ⦿ 7 実現の向き
 ⦿ 9 流れに浮くメラーブ
 ⦿ 10 第三部 現実
 ⦿ 11 現実創造メラーブ
 ⦿ 12 まとめ
 ⦿ 13 歩き続けるメラーブ

 

ヨハムの生演奏と共に
 

人間を超える  目次

 


⦿ 和訳を受け取った人からの感想です ⦿


(2016年8月のシャウド和訳より)

 

『貴方の個人的な破壊があるでしょう
 でもそれらは貴方が過去に体験してきた
 肉体の問題とか感情の問題ではないでしょう

 

 それは貴方の人生での
 繰り返しの問題でしょう

 

 豊かさがやって来るやり方の破壊
 夜に観る夢の、観方の破壊
 エネルギーの扱い方の破壊

 

 同じように単調な毎日
 同じように頭を行き交うガラクタ
 同じような問題

 

 それは惨めです
 それは最悪です

 

 そうしないと貴方は
 繰り返しに従い続けます

 

 すると貴方はどこにもいけず
 人生は変わらないでしょう

 

 そうすると貴方は本当に実に
 やり場のない気持ちになります』

 

 

・・・・・・昨年の暮れ
あたりから、まさにこの状態を体験しました。 
本当に抜け道が見つからなくやり場のない気持ちになり
仕事帰りの運転中に叫び続けていました。
 

『他の誰かによってではなく
 自分自身によって
 自分自身のために
 
 そのことを
 たったいま貴方は
 受け入れられますか?』
 
・・・・・・今、受け入れ「変容中」
 
私自身のシャウドです・・・感想でした。(福島 女性)
 


| /PAGES |


あなでぃの電話相談

selected entries



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>



Youtube:
http://youtu.be/UifKOMarfXg




categories


Let's song!



こぶくろアナディ
 facebook
https://www.facebook.com/
apamyu

こぶくろアナディ
●◉◎◯ プロフィール ◯◎◉●

F

acilitator
ファシリテーター

シンクロタイズ
ドリームウォーカー バース
ドリームウォーカー デス

T

eacher
教師

ドリームウォーカー デス

Related Link

ドリームウォーク普及協会
http://dwfa.jpn.org/
シンクロタイズ普及協会
http://synchrotize.jp/
意識の拡大
http://isikinokakudai.com/
スクール
http://simplechoice.jp/


archives


mobile

qrcode